カンボジアからの外国人研修生について - 外国人研修生としてカンボジア人を採用してみませんか

カンボジアからの外国人研修生について

近年日本の様々な産業の現場では外国人研修生の受け入れと言う活動を行っています。


これは海外、特にアジア地域の若者を外国人研修生と言う形で雇用し、一定期間日本の様々な産業の現場で働いてもらうという仕組みで成り立っています。

カンボジアの外国人研修生の情報ならこちらで掲載されています。

外国人研修生として日本にやってくる外国人にも様々な国からの出身者がいますが、カンボジアなどもその代表的な国の一つとして知られています。
カンボジアから日本に研修に来るのは主に若い世代です。



出稼ぎ労働者として来日するのではなく、予め明確な期間を定めて研修目的で日本に滞在するのが特徴となっています。従事することに猿産業の分野は極めて幅広く、受け入れる企業によって様々な経験を深めることが可能になっています。
外国人労働者としてではなく研修生として日本で学ぶことにより、産業技術は勿論のこと日本の文化や風習にも親しんでもらうことを目的としています。
およそ1〜3年ほどで母国カンボジアに戻っていくことになるのですが、帰国後にも日本と親密な関係を保ってもらうことが期待されています。今後日本企業がカンボジアなどのアジアの国々に進出していく際に、日本にとって非常に重要なビジネスパートナーとしての活躍を期待している部分もあります。日本の産業の現場で技術と日本語、日本文化を学んだ人材が豊富にいるということが日本にとってもメリットであると言えるでしょう。
この様な将来を期待しての活動であるという背景もあるのです。