生産性向上のために、カンボジアの外国人研修生を - 外国人研修生としてカンボジア人を採用してみませんか

生産性向上のために、カンボジアの外国人研修生を

現在、様々な東南アジア諸国から、外国人研修生が日本にやって来て、企業で働きながら技能を習得しています。


ベトナム、フィリピンなどの国からの研修生も多いですが、カンボジアからも、非常に数多くの研修生が、日本に来ています。

カンボジアの外国人研修生の情報なら当サイトにお任せ下さい。

カンボジアは東南アジア諸国では極めて親日的な国家であり、多くの人が日本に憧れています。日本企業に対するあこがれも強く、カンボジアからの数多い外国人研修生が、高い技術を持った日本企業で学び、技術、技能を習得し、帰国後に活かしたいと考えています。
また、文化的にも日本と近いところがあり、食生活に関しても大きな違いはないので、研修生側も日本は過ごしやすいところです。

また、これはカンボジアからの研修生に限りませんが、認定機関から研修生を受け入れた場合、最低限の日本語教育や技能教育を終えた状態で雇用されるので、コミュニケーションも円滑に行えます。



また、生活水準や労働環境も日本の方が良く、家族に仕送りをするという目的もありますので、熱心に働きます。

外国人研修生の場合、高度な技術は持っていない可能性が高いので、社内教育は必要かもしれません。

しかし、勤勉に働き、職場でのコミュニケーションも怠らないので、研修生を受け入れる側の企業としても大きなメリットがあります。



カンボジアからの外国人研修生を受け入れることによって、企業の労働力が増えるだけではなく、国外企業との取引のきっかけになる可能性もあります。


受入れ初期のころは、単純作業に限られるかもしれませんが、技能を覚えるのも早く、生産性が高い人材に育ち、企業全体の業績が上がる可能性もあります。