カンボジアの外国人研修生を雇うメリット

日本では、これからしばらくの間、生産年齢人口は減少し続けることは間違いありません。少子化問題に関して、日本政府は有効な対策を打てておらず、出生率などもほとんど改善していません。

ですから、各企業においては若い人材の確保はどんどん難しくなってきます。

人気のあるカンボジアの外国人研修生情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

特に中小零細企業においてはその傾向が著しく、場合によっては人材不足が原因で倒産に追い込まれるということもありえます。
そうならないためにも、今からちゃんと人材確保の見通しをつけておくべきです。



最近、日本人以外の人材確保先として注目されているのが、カンボジアの外国人研修生です。

カンボジアでは人材送り出し事業を積極的に進めています。

これは、カンボジアの若者を外国人研修生として海外にどんどん派遣し、高度な知識・技能を習得させ、そして後々は母国に帰ってきてもらって、習得した知識・技能でカンボジアの発展に寄与してもらおうという目的で行っているものです。

人材不足が懸念される日本企業にとっては、これを活用しない手はありません。


しかし、外国人研修生を雇用することに抵抗のある企業があるのも事実です。文化や生活習慣の違いから、外国人研修生を雇うと様々なトラブルが起きるのではないかという懸念はもっともです。

しかし、カンボジアの外国人研修生は、日本と同じアジア圏の人で、わりと日本人に近い感性を持っており、他の地域の外国人よりも親しみやすい面があります。

勤勉で真面目ですし、わりとシャイなところも日本人に似ています。

ですから雇用しても軋轢は起きにくいといえます。