カンボジアが送り出す外国人研修生

カンボジアは近年、目覚ましい経済発展が続き国を支える人材が不足しています。
そこで、先進国の交流がある国々に自国の若い世代を次々と送り出し技術や知識を学ばせて、将来の国の発展の基盤を作る試みをしています。
発展途上国では、経済発展や産業振興の担い手になる人材を育成するのが難しく、諸外国の協力は必要不可欠な事です。


日本では協力関係国として、カンボジアからの外国人研修生を受け入れしています。カンボジア人の殆どは熱心な仏教徒であり、感謝の気持ちを忘れず「ありがとう」の言葉を大切にする国民です。

日本人と価値観が似ていて、年配者を敬い気配りを怠らないなど共通する部分が多く有ります。
また、勤勉性があり素朴で従順な部分は日本人に似ているので外国人研修生としても最適です。

カンボジアの外国人研修生の情報はこちらのサイトです。

カンボジアにとって日本は最大の援助国であり、日本企業も多く進出しています。さらに高い品質を誇る日本製品が溢れているので憧れも強く、日本の技術を学びたいと思う若い世代が多くいて憧れの国になっています。
一定期間の研修期間で日本語や風習を学ばせ、厳しい基準に達した人材の中から適正と思われる方が日本企業で外国人研修として働く事になります。

非常に真面目な性格から、次々と知識と技術を習得するカンボジア人は仕事を覚えるのも早く、日本人にも良い影響力を与え、仕事の質の向上に繋がり企業としても大きなメリットがあります。



自国に帰った外国人研修生は、次の時代の発展に大きく貢献する事になります。